FC2ブログ
2007.07.08 (Sun)

パチンコ・スロットの勝ち方その13(パチンコの止め時) 

最近、株記事ばっかだったんで、今日は、久々にパチコラムです。



~パチンコの止め時について~


基本的にパチンコで、収支を上げる方法として大事なのは、

・できるだけ、期待値の高い台を打つ
・できるだけ、稼動量を増やす


おおまかに言ってしまえば、この2点です。





つまり、釘の良い台を、できるだけ長く打つのが正解なわけで、基本パチンコは、止め時が存在しない、いわゆる「逃げ場無し」のギャンブルです。



釘が営業中に形が変わる事は無いですし、内部の当たり確率が変わる事も無いので、良い台は、閉店まで良い台だからです。




つまり、パチンコに勝つための、基本立ち回りは、「一切打たない」か「全ツッパ」の2択に集約されます。それ以外の戦法は、確変残しのハイエナ等を除いて、全て駄目な立ち回りと、なります。




一切打っちゃいけないのは、期待収支がマイナスになる台。いわゆる調整が渋い台です。


一方、全ツッパするべきは、調整が良い台となります。


どこからが良い調整なのか?の基準は、自分がどれだけの収支をボーダーにしてるか次第となります。計算上、自分の望む収支を出してくれる台ならば、全ツッパするべき。それ以下は、一切打たないべきということです。


しかし、ここからが本題なんですが、実は、良い台でも止め時が存在します。


というのも、

台の性能自体は、開店から閉店まで同じなんですが、期待時給は、持ち玉の状況と、閉店までの残り時間で、変化するからです。





どういう事かというと、まず、等価以外の店では、現金投資で打つのと、持ち玉で打つのとでは、期待収支が、換金ギャップの分だけ変わります。



例えば、40玉交換店の場合、


2000玉飲まれた時、現金なら、8000円吸い込まれてますが、持ち玉なら、5000円分しか、飲まれてません。


仮に、1時間3000玉のペースで、飲まれていく台だとしたら、


現金で打つのと、持ち玉で打つのとで、実に、時給4500円もの差がつきます。



台の時間効率次第で、一概には言えませんが、40玉交換店で、海物語を打てば、持ち球か現金かで、時給4000円程は変わります。


低換金店では、持ち玉なら期待値+。現金なら期待値-の台が、店内のほとんどを占めてるといっても、過言では無いです。回るか回らないか?より、持ち球か、現金か?の方が大事な時すらあります。


これは、ある時間帯の時、同じ台でも、持ち玉なら閉店まで打つべきだが、持ち球が無いならやめるべき。という状態が起こりえるという事になります。




続いて、閉店までの残り時間。


パチンコは、基本的に期待時給は、朝一がMAXで、閉店時間が近づくにつれて、期待時給は少しづつ下がります。これは、稼働時間が少なくなるので、期待収支が下がるという意味ではなく、時給そのものも、下がってるという意味です。理由は、

「閉店時に残ってる、当たりは消化できない」

からです。


閉店時に、確変や時短が残っていても、基本的には強制で、辞めさせられます。

つまり、現実の世界においては、確変等、連チャン性のあるフラグがある機種では、期待値を出す時、その連チャンが、閉店で取りきれない可能性の分を、引かなければいけません。





例を挙げると、ここに確変50%、時短無し。というスペックの台があったとします。


1/2で連荘なのだから、

1/2で単発、1/4で2連、1/8で3連、1/16で4連、1/32で5連・・・・・1/∞で∞連チャン。と言う感じで、理論上の平均連チャン数は、2連チャンになります。

ただこれは、∞時間稼動できる、という前提の理論値であり、実際は閉店終了という上限が存在します。



例えば、朝一確変をひき、そのまま閉店までひたすら確変を引き続けたとしても、∞連チャンなんて事は無く、100連チャンくらいで、確変中でも終わります。

このスペックで100連チャン以上は、約1/633830000000000000000000000000という、まあ無い数字ですが、100連で閉店(101連以降は無い)。という条件の場合、101連以降が無い分、スペックは落ちて、この台の平均連荘は1.9999999・・・・・連が本当のスペックになります。


閉店まで残り1~2時間くらいしかなく、10連位で閉店終了してしまう場合は、11連以降の可能性が無いので、平均1.998連。

5連荘までしか取れない時間の場合は、平均1.94連。

2連荘までしか取れない時間の場合は、平均1.5連。


と、どんどんスペックが落ちます。





例えば、理論上時給3000円と計算されてる台があったとして、


朝一の場合、ほぼ計算どおり、時給3000円あります。(実際は時給2999.99・・・・円になります)




まあ、閉店2時間位前までは、ほぼ時給3000円弱が続きます。



・・が、閉店1時間前辺りになると、期待時給は、急速に落ち始めます。(この時点で確変を引くと、取りきれない確率が上がってくるため)




そして、ある時点で、期待値は0に。そしてさらに、マイナスになっていきます。(台の性能次第では、閉店1秒前まで期待値プラスで終わる事もあります)




文章だと、ちと解り辛いので、グラフ的なものを書いてみました。




llllllll.jpg




正確な数字を打ち込んだわけではなく、手書きで適当に作ったグラフなんで、実際のグラフとちと違うと思いますが、とりあえずイメージです。



これは、低換金店で、等価ボーダーを結構上回っている台を打ったときの期待収支を描いてみました。


左端が開店、右端が閉店です。



まず、点Aから、いきなり右下がりですが、これは、等価ボーダーを上回っていても、換金ギャップのある店では、現金投資中は浮かない事を示してます。


もちろん、換金ギャップすら上回る、回りが有る場合は、現金投資でも期待値は+になるんですが、換金ギャップを上回る回りとは、1回交換でも浮く回り。つまり具体的には、スー海の場合(等価ボーダーK17として)



30玉交換 20.4/K
35玉交換 23.8/K
40玉交換 27.2/K
45玉交換 30.6/K

が必要となります。(出玉量やスルーの良し悪しも実際は影響します)それなりに浮かすには、最低この回り+2~3回転必要なわけで、相当な釘見の腕と、優良店が揃わないと、なかなかツモれるレベルでは無いと思います。


コレを越える回りは、実質朝から晩まで店が赤字になり続ける計算なので、無いのが普通です。


言い方を変えれば、この回りを超えていれば、持ち玉の有無を問わず、全ツッパOKという事になります。




まあ、普通はコレを下回ってしまうことが多いので、今回は、現金投資中は、期待値マイナスとして、次に点B。


ここが、現金投資が終わる場所です。



当たって、また飲まれる事があるので、初当たりの平均の場所よりは遠い場所になります。海系なら打ち始めて1~2時間後位ですかね??


そこからは、期待値+に反転するので、ひたすら右肩上がり。


つまり、換金ギャップの有る店で、そこそこ回るような台の場合、等価ボーダーを越えてる台でも、最初の2~3時間程度(十分な持ち玉が出来てしばらく回すまで)は「タダ働き」のような状態になります。

低換金店での短時間の稼動は、いくら台が良くても、勝てないのはこの為です。粘る事の大切さが解りますね^^


そして、閉店1~2時間前辺りの、点Cから徐々に、期待時給が落ちるので、グラフが垂れてきます。

点D以降の、閉店直前では、遂に右下がり(期待値-)になっています


この、期待値がマイナスになる基準ですが、等価店や、持ち玉が有るなら、等価ボーダーを上回っている限り、初当たり1回分を消化する時間が残されていれば、期待値は+です。



ここで、勘違いしてはいけないのは「初当たり1回」と「大当たり1回」は別物です。



大当たり1回は、まんまの意味で当たり1回のこと。

初当たり1回ってのは、確変等を引いた場合、その連チャン、時短中の引き戻し等全部を消化して、通常時に戻るまで。全てで初当たり1回です。

つまり、大当たり1回ってのは、ものの2,3分で消化できますが、初当たり1回となると、機種によっては、平均1時間近くのものも存在します。



つまり、連チャン力が高い機種や、確変中の時間効率が悪い機種は、この閉店間際のグラフの垂れが、早く、きつくなります。逆に、確変や時短などが一切無い、1発ものの機種は、閉店間際であろうと、グラフは一切垂れません。(爆発力の無い機種ほど、閉店間際まで打てるということです)



さらに、大当たり1回分の出玉で、初当たり確率の分母以上、回せる釘の場合は、閉店1秒前まで、グラフは+方向になります。


しかし、これはスー海だと、持ち玉や等価であっても、約56回/K以上必要です(爆)


まあ、56回/Kを越える台を掴んでるなら、閉店1秒前まで打つのもありかもww


大当たり2回分消化できそうな時、(閉店10分前くらい)なら、33/K位が、多分トントンライン位なので、35回/Kを越える台を掴んでる時は、この辺りまで、粘るのもありです。




まあ、この辺は、スタイルの違いもあるかと思います。


期待値が+なら、どんだけ安くても打つ。という日当派の人なら、このグラフが、平衡になるまで打つべきなので、25回/K程度の台なら、閉店20~30分前位が止め時になる機種が多いと思います。


また、俺のボーダーは時給○○円という、時給派の人は、このグラフの上がり方が鈍くなり始めたら、止め時を考えるべきなので、閉店30分~1時間前位がやめ時になる機種が多いと思います。



まあ、ちょっと整理すると。


・低換金ほど、持ち玉の有る無しがでかいので、持ち玉が無い場合、低換金店ほど、早めに止め時を考える

・閉店前のスペックの落ちるスピードは、連チャン力のでかい台や、確変中の消化スピードが遅い台ほど、早いので、爆裂系機種ほど早めに止め時を考える。

・釘(調整)が良い台ほど、どんな環境下においても有利なので、釘が良いときは、連荘を取りきれない事を考慮しても、多少粘り気味に行く。

・等価の場合、持ち玉の有無は一切考えなくて良い。

・連荘が一切無い台は、閉店時間を考えなくて良い。(閉店で、店員に止められるときが止め時)


と、言う事です。








と、ここまでは、机上の話www


打つのがサイボーグだったらの話であり、実際打つのは人間です。


人間には、体力があるので、ここまでの理想では、開店から閉店30分前までくらいを、休憩無しでぶん回すのが正解ですが、実際は、よほど体力に自信が無い限り、体に無理がきます。


ただでさえ、パチンコばっか打ってるような人は、不健康で貧弱な体ですwww

疲れれば、集中力が無くなり、打ち方のロスで、結局時給は下がりますし、病気にでもなれば、打つことすらできません。


夜、ギリギリまで、完璧主義で、1円のロスも無く打ち切って、次の日ぶっ倒れて寝坊したら、本末転倒。


結局、自分の体調、釘、持ち玉の有無、その台のスペック等のバランスで、止め時を考えるのが、実践的であると思います。



~まとめ~


第一優先は体調。打ててナンボ。体を壊す、寝坊する等が、一番期待値が下がるという事を、意識する。疲れているときは早めに止める。(ここが、自分で書いてて一番難しい。特に上手い人ほど、頑張ってしまうと、思う)


次に、持ち玉の有無。持ち玉が無い場合は、閉店2時間前~4時間前辺りから、止め時を考える。(体調、換金率、釘、等で判断)
基本的に持ち玉が無い時は、いつ止めても、そんなに悪くないというのが、僕個人の意見。また違う日に、朝から打てばいいだけの話。良いと思える台の時だけ、追えば良い。


最後に、閉店時間。常識内の釘であれば、CR機の場合、閉店10分を切れば、まず浮かない。30分を切れば、帰って寝たほうがマシな場合がほとんど。明日に響かないなら閉店30分前くらいまで。明日やばそうと感じたら、さっさと止めて寝る。




こんな感じかな??まあ、クソ長く書いた割には、普通の結果でしたwwwww





全て独立で抽選されてるスロットと違い、パチンコは、止め打ちすると、玉減りを抑えれるが、その分時間効率が悪くなるので、時間が無い時、止め打ちをした方がいいのか?とか、確変中の時間効率、時短中の時間効率、スルーの調整、当たりの消化スピード、出玉量、玉と玉のぶつかる確率・・・・etc


様々な要因がそれぞれ、複雑に絡み合うので、止める時間の、正確な計算は放棄しましたwwwwwwww
EDIT |  14:55 |  パチンコ・スロットの勝ち方  | TB(2)  | CM(17) | Top↑
2007.05.06 (Sun)

パチンコ・スロットの勝ち方その12(本当の確率) 

こんばんわ。今日(5月6日)はおいらの、生誕際(誕生日)です。コメント欄に、うぬらの脳みそで、考えれる最大の祝福コメントを残してくださいw






今日はプチコラムを少々。




まず、後からの説明を解りやすくするため、1つ問題を用意しました。





あなたの前に、1人の男性が居ます。この人は凄く、おっとりした性格で、喋るのもあまり得意ではありません。
さて、この男性の職業は、


A、営業セールスマン
B、図書館勤務


どっちの可能性が高いでしょうか???


理由も考えてください。答えは続きから^^
EDIT |  23:41 |  パチンコ・スロットの勝ち方  | TB(1)  | CM(28) | Top↑
2007.04.01 (Sun)

パチンコ・スロットの勝ち方その11(回転率の計算) 

久々のコラムでおます。


今日は、パチンコの期待値を持ち玉で計る方法について。



スロットは設定が最大6段階しかなく、全てデジタルな抽選なんで、単純に理論値から、期待収支や機械割が弾き出せます。


が、パチンコの場合、釘1つ1つで期待収支が変わり、アナログなため、結構複雑です。



今日は、パチンコの台打ってて、「結局この台、どれくらい良い台なんだよ??」って思いながら打ってる人や、「現金で回転率は計れるが、持ち玉ではよくわからん。」って人を対象に書いてみました。




まず、パチンコの期待収支を決める要素は、大きく分けて、

・回転率(1000円辺り何回回るか?)
・大当たりの出玉量
・スルー等による、確変、時短中の玉の増減

・その台のスペック(当たり確率、時間効率、確変率、賞球数等)
・稼働時間
・その店の換金率


と、なります。この内赤字で書いた、3つが、店の釘調整によって行われるもので、この3つがスロットで言う設定だと思ってOKです。


つまりこの3つで、機械割がほぼ決まります。




よく、パチンコで1000円辺り何回回るか??だけでボーダーを作ってる表がありますが、1000円辺り何回回るか??では、回転率以外は計れてないので、これでは不十分です。



「1000円辺り何回回って、出玉は平均何発、電サポ中の玉の増減は1分辺り○○発。」

その台の期待収支を出すには、最低これだけ必要です。



もちろん、この1つ1つを正確に数えるのがベストですし、TOPプロは、皆これをやっています。


俺は適当だけど、上手い人のブログへ行くと、こういうデータがきっちり書かれてることが多いですよね。(上手い人で、○○回/Kしか書いてない人は、大抵全てこみで逆算して、回転率にまとめると○○回/Kという意味で書いてると思います)






では、本題へ。




まず、1000円辺りの回転数を計るってやり方ですが、この方法は、実はあんまりお奨めしません。



なぜなら、

・出玉と、スルーの増減が考慮されていない
・持ち玉になったとき、1000円分の出玉を数えるのがめんどくさい


からです。


もちろん、1000円辺りを数えるなって意味ではありません。期待収支の大きなウエイトを占めてるのは、回転率である事は間違いないので、現金投資中はきっちり数えてください。


ただ、1000円辺りしか数えてないと、速攻で大当たり引いたときや、当たってから、なんか回らなくなってきた様な気がする・・・・って時によく解らない状態に陥ります。


そこで、持ち玉になった時は、1000円辺りではなく、「1回の大当たりの出玉で何回回るか?」の方が簡単で正確に測れます。


出玉で計ると、同じ回転率の台なら、出玉や時短中の+αが多い台の方が、当然多く回ります。


つまり、出玉やスルーの関係もこみの、回転率が計れるわけです。(実際は、確変中にハマッたり、時短連荘等で、これもズレますが)




では、実際1回の出玉でどれくらい回れば良いのか??なんですが、ここでTOTAL確率という、便利なものがあります。


TOTAL確率というのは、1回の大当たりを引くのにかかる、通常時の平均回転数から出される、大当たり1回に対する確率です(細かい話はクソ長くなるので、「続き」で書きます)


「パチンコ TOTAL確率」 等で検索すれば、表を載せてるサイトはいっぱいあると思うのですが、とりあえず、1つサイト貼っときますhttp://www.ashh.net/total.html


例えばスーパー海物語の場合、TOTAL確率は、1/112.8となっています。

この数字が意味するのは、1000円辺り16.8回転が等価ボーダーと言われてるのと同じで、1回の大当たり出玉で112.8回転が等価ボーダーという意味です。


1000円辺り16.8回がボーダーって言うのは、出玉やスルーが悪いと変動して、17回がボーダーになったり、18回がボーダーになったりしますが、1回の大当たりで112.8回がボーダーってのは、どういう状況下においても112.8回がボーダーなので、その面からも解りやすいです。


使い方としては、1回の大当たりで112.8回まわして見て、残った出玉が1回の大当たりで増える玉。という事です。1日で平均20回当たりが引ける機種なら、この残った玉数×20がその日の、純増玉数の理論値になります。(時短での増減が平均値だった場合)

もちろん、1回の大当たりではブレが出るので、これを繰り返します。



めんどくせーよ(*´σー`)


って人や1000円辺り何回回るかで慣れてる人の為に、さらにこれを応用して、スーパーどんぶり勘定バージョンを用意しました。


僕が適当に作った方法で、所詮適当勘定だけど、誤差は小さく、計算も簡単です。




計算方法は、1回の出玉で回った回数(時短確変等抜き)に下の数を掛け合わすだけ。




スーパー海物語   0.15
エヴァ3VF     0.16
アタックNO1    0.16


つまり、スー海で1回の当たりで150回回った場合

150×0.15=22.5

大体その台は、1000円辺り22.5回回っている(出玉、スルー等こみで)という事です。


大当たり2回分の場合は、回った回数を2で割ってから、掛け合わしてください。(3回分なら3で割ってから)


この0.15という数字は、その台の

等価ボーダー(16.8)÷TOTAL確率の分母(112.8)=0.1489・・・・・・≒0.15  で出てきます。


スルーでの増減や、出玉量を考慮した場合、

1000円辺りの回転数:等価ボーダー=1回の大当たりの回転数:TOTAL確率の分母

が成立しますので。


普段、自分がよく打つ台の数字は計算して、覚えておいて損は無いかと思います。


ちなみに、大当たり1回分で計る際、上皿や、下皿に残ってる玉の量には気をつけて下さい。当たりを引いた際少なからず、上皿には玉が残ってるはずで、当たりが終わったときには、大当たり1回分+上皿の残りが,ある事になります。

この残りを除いて計らないとズレますんで。



計算などについて細かい話は続きからどうぞ(読む必要は無いと思います)
EDIT |  16:20 |  パチンコ・スロットの勝ち方  | TB(1)  | CM(20) | Top↑
2007.01.19 (Fri)

パチンコ・スロットの勝ち方その10(たった1枚の大切さ) 

超久々に、勝ち方コラムを書いてみました。

実に5ヶ月位ぶり♪


最近、ブログに遊びに来る人のレベルが高いんで、もういいか。と思ってましたが、密かに見に来てくれている、パチ入門者も居ると、勝手に思い込んで書きます^^


遂にコラムも10作目だーヾ(´ー`* )ノフッ♪



過去コラムは、左のカテゴリー(パチンコ・スロットの勝ち方)にあるんで、暇な時読んでね^^(ちなみに、負けてる人が、勝てるようにと、思って書いてるんで、超上級の人から見ると、「いや。ここはこうだろ」的なものもあるかもしれませんが、あえて割合してる事もあるんで、抗議は、あんまり受け付けませんw
(∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい

質問は、大歓迎♪

今回は、玉1発、メダル1枚の、大切さについてです。
EDIT |  05:29 |  パチンコ・スロットの勝ち方  | TB(0)  | CM(31) | Top↑
2006.08.13 (Sun)

パチンコ・スロットの勝ち方⑨(ルール作り) 

盆で暇なんで、超久々に、勝ち方コラム書いてみました。最近は、ネットや雑誌で、情報があって、勝ち方を知らない人自体は、結構減ってきて、負ける理由は、「知識、技術の不足」といったものから、「自分のコントロールが苦手」っていう人が増えたような気がします。

そこで、「どり的簡単自分コントロール法」を書いてみました。皆さんの勝ちに繋がれば嬉しいです。クソ長い文になっちゃいましたが、興味ある方は読んでみてください^^

ではでは、早速、簡単自分コントロール法をズバリ言います。







MYルールを作ろう。









人間だれしも、感情に左右されると、論理的じゃない行動をとってしまうもんです。

けど、なかなか解かっていても簡単には、感情を無視して動くのって難しいです。

そこで、常に正しい行動がとりやすい方法。それが、MYルール作りです。

要は前もって、自分の行動を全て決めておき、後はただただ、機械的に動くんです。

実際、僕も毎日の行動の大半は、僕のMYルールに従って動いてます。

例えば、パチンコなら、「1000円当たり何回以上回らない台は打たない」とか、「○時以降は、現金投資しない」といった具合です。

ここで、気をつけないといけないのは、「理に適ってないルールは意味が無い」という事。

例えば、「あのオヤジの横は、出る」とか、「海物語は500ハマリが狙い目」とか、「1万でつかなきゃ帰る」といった類の、ルールは意味無しです。

基本的には、期待収支に関する事のみで、MYルールは作ります。期待収支に関する事とは、

1、機械割り(スロなら設定、パチなら釘調整)
2、打てる時間
3、換金率
4、自分の打ち手レベル

が主です。

ーMYルールの作り方ー

まず、自分のボーダー時給を決めます。これは、自由です。パチで食ってる人間なら、2000円/時位欲しいでしょうが、趣味でやってるなら、1000円/時でも、500円/時でも十分だと思います。0円/時でも、タダで遊べた。と思えるなら、それでOKです。(それ以下は、そもそも、ルール作る必要ないですww)

次は、具体的な行動のMYルールを作ります。

まず、パチンコの場合。

パチンコの、MYルール作りは、結構単純に作れます。

ズバリ、「1000円で、○○回以上回る台のみ打つ」

これだけでも、それなりに、様になります。この○○回の数字は、もちろん、自分の目標時給、換金率、打てる時間等からの逆算で出します。自分で計算しなくても、最近は、期待値表みたいなのがあるんでそれを参考すればいいと思います。

ちなみに、パチンコはスロと違って、設定が無限にあります。釘1本1本が、影響しますし、回転率以外にも、出玉量、確変中の増減といったものも、影響するんで、期待値表は、あくまでも参考程度にしといた方がいいです。

また、釘がいくら正確に見れても、台の傾きやら、ステージの癖、さらにいえば、釘のサビ具合とか、隣のおっさんのドツキ具合とかも影響するんで、思ったほど回らないっていう状況も多々あります。

そういった、試し打ちのロスや、不確定なブレの要素も織り込んで、MYルールのボーダーは、自分の目標収支の+1~2回転位をメドにすればいいかと思います。

パチンコに関しては、「自分のボーダーを上回って回る台は、全ツッパ。0.1回でも下回れば、即ヤメ」これで、一応OKだと思います。

また最近の台は、1000円あたりの回転数に、ムラがでるんで、最初の1000円で、ボーダー越えても、数えるのを止めては駄目です。最低でも1万円分、できれば終日数えるのが良いです。

かといって、最初の1000円で回らなかったのに、「次の1000円で30回回るかも」と思ってズブズブ行くのも危険です。その辺のバランスも、自分で決めておいたほうがいいかもです。







続いて、スロットの場合、

スロットは、設定自体が基本的には見えないんで、結構ややこしいです。

店の癖やら、周りの状況なんかも影響するんで、一概に、○○を何分の1で引いてたら打つ、という基準が皆さんが行く店の営業の仕方や、その日のイベント内容等で変わってきます。

こればっかりは、全ての店に対応した文は書けないんで、自分で決めて、じょじょに修正していくしか無いと思います。

例として、僕のMYルールを紹介します。



例えば「番長」の僕のルールは、

1、基本的に低換金店では打たない(持ち玉での移動や貯玉プレイは有り)

2、その日の、ボーナス回数は一切当てにしない。

3、まともに回すのは設定6がほぼ確定してる時のみ(確認OKもしくは、相当信用できる札台のみ。データは無視)

4、300G付近、600G付近のゾーンは狙わない(理由は過去ログの吉宗の記事と同じです。+番長の方が割が低い+RT解除で天国に行きにくい)

5、700G以上のハマリ台は、無条件で当たるまで打つ

6、高設定の可能性が高い(データは無視。信用できるイベントが絡んでるかどうか)場合は、660Gから拾う。

7、当日、ノーボーナスの場合、据え置き濃厚なら、(当日、前日とイベントに絡んでない+日曜、祝日が絡んでない+店の癖等から)600Gから拾う。

8、当日、ノーボーナスので、前日下見、又はデータ機から、前日終わりG数が解かる場合、合計G数が700Gオーバーなら拾う。ただし当日G数が最低でも360G以上ある事。(リセットされてた場合の保険のため。据え置きが確定なら、当日G数は無視して、700オーバーで拾う)

9、何が起ころうと、ボーナス終了後、天国の可能性が消えた時点で即止める(6が確定してる場合のみ続行。)

参考になるかは、微妙ですが、僕はこんな感じです。

要は、できるだけ細かく、自分の動きを決めておき、後は、機械の様に動くって感じです。

そして、ある程度の期間、ルールを試してみて、収支が思うように上がらないなら、ルールを厳しくする。逆に収支はいいが、なかなか稼動できない場合は、ルールを緩くするって感じで、修正していけばOKです。

前もって、ルールを作ることにより、実践中に「迷う事」が無くなります。人間、迷うと大体、損を取り返したいとかの気持ちから、無理攻めをしがちです。

なので、この「MYルール作り」僕的には結構おすすめです。
EDIT |  19:26 |  パチンコ・スロットの勝ち方  | TB(0)  | CM(8) | Top↑
PREV  | HOME |  NEXT

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード