--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.07.29 (Sun)

信用取引 

今日は、株の信用取引について。



株を買う場合、当然基本的には、株を買うだけの現金を用意しなければなりません。


が、必要分の現金を用意しなくても、現金や、すでに持ってる株等を担保として差し出す事によっても、株は売買できます。



こんな風に、お金や株を担保にして、株を売買する事を「信用取引」と、言います。



どれくらいの担保で、どの程度売買できるのかは、各証券会社によって、ルールが違うのですが、今回は、Eトレード証券のルールで話を進めてみます。



~Eトレの、信用取引ルール~


・最低委託保証金  両取引の建玉を合算して30万円

・委託保証金率  両取引の建玉を合算して33%

・最低委託保証金率  両取引の建玉を合算して30%

・代用掛目 上場株式の80%

・金利(年率) 3.09%





まず、最低委託保証金ですが、これは信用取引をする際、最低コレだけの担保を用意して下さい。というもの。30万円程度の会社が多いです。つまり、まず30万円(もしくは、30万円分の価値の株券)を用意しないと、信用取引そのものが開始できません。




次に委託保証金率ですが、これは信用取引で使う額に対して、この%分の担保を用意して下さい。というもの。Eトレの場合、信用取引の額の33%が必要です。逆算すると、担保の約3倍までの額が取引可能となります。つまり、100万円担保として差し出せば、約300万円分の取引が可能です。



最低委託保証金率は、担保を常にこの%分維持しないといけないというもの。株は値段が上がり下がりするので、買った時点では保証金率が40%くらいあったとしても、その後買った株が値下がりすると、マイナス分は担保から引かれていくので、保証金率も下がっていきます。

Eトレの場合最低維持率は30%となっていて、これを下回ってしまうと、保証金率を維持するために、担保の追加を求められます。この時、現金などを追加で振り込めない場合は、その時点での取引は全て強制で決済されてしまいます。(持ってる株を勝手に売られる)

ちなみに、追加でお金を入れないといけない状態を、追証(おいしょう)といい、株をやる人にとって、一番の修羅場ですw




代用掛目は、株の担保価値の%。現金100万円は、100万円分として扱ってくれますが、100万円分の株券は、100万円として扱ってくれません。(値下がりのリスクが有るため)

Eトレの場合、80%。つまり100万円相当の株券は、現金80万円と、同じ担保価値となります。



金利に関して。信用取引は、要は証券会社から、お金を借りる事ですので、金利を取られます。担保を差し出してるので、普通の金融機関から借りるよりは、相当安く借りれます。Eトレは年3.09%。

つまり100万円分の信用取引をすると、年30900円。(1日約85円)の金利が取られます。



適当にまとめると、信用取引とは、要は、証券会社から安い金利でお金を借りて、株を売買する事。と、覚えればOKです。



信用取引のメリットと、デメリットを考えて見ます。




メリット

・資金以上の取引が可能なので、儲けがでかくなる
・売りから入る事ができる(後述)
・手数料が安い事が多い(後述)


デメリット

・資金以上の取引が可能なので、損がでかくなる
・金利を取られる



まず、取引する額がでかくなるので、当たり前ですが、ハイリスク・ハイリターンになります。枠いっぱい、いったとしたら、儲ける時は3倍ですが、当然損する時も3倍です。


じゃあ、単純にリスクが3倍になるのか??というと、そうではありません。現物と同じ感覚で、信用を使用すると、リスク・リターンが3倍に跳ねますが、リスク管理の仕方は大きく分けて、2通り有ります。

まず、資金の投入額。賭け金をぶち込めば、ぶち込むほどリスクは増えます。この部分が、信用取引はリスクがでかい要因です。

もう1つのリスクは、時間。ぶち込む時間が長くなればなるほど、値動きのリスクは大きくなります。ここは、自分次第でコントロールが効きます。


つまり、多額で長時間ぶち込めば、リスクがでかいわけで、投入金が多い信用取引は、上がるにしろ下がるにしろ、こまめに売買しないとリスクがでかいです。

ある金額より下がった場合は、一旦決済するという方法で、リスクをコントロールする必要があり、長期投資には信用取引は向いてません。


長期投資は、変動幅が大きいので、投入金額でリスクを管理する。
短期売買は、こまめな売買でリスクを管理する。のが基本ですので、信用取引は短期売買する人向きと言えます。





売りから入れる。というのも信用取引では欠かせない要素です。普通株は、買って、その後値上がりすれば儲かり、値下がりすれば損するものですが、信用取引の場合、持ってない株を売ることができます。

空売りというものなのですが、まず持ってない株を売り、その後買い戻す事によって決済します。この場合、株が値下がりすれば儲かり、値上がりすれば損します。


意味がよく、解らないかもしれませんが、例えば時間が経てば、値下がり確実な商品があったとします。なんでもいいんですが、例えば新作のゲームソフトにしてみます。


定価10000円で発売された超人気ソフト。しかし、半年もすれば中古が出回って、値段が落ちる事は必至です。


この場面で稼ぐにはどうしたらいいか???


まず、新作ソフトを買った友達にそのソフトを借ります。

んで、いきなりそれを叩き売ります(爆)

1万円で売れました。

が、借りたソフトを返さなくてはいけません。そこで、半年ほどたって値段が落ちてきたときに、そのソフトを買います。7000円で買えたとして、それを友達に返します。

これで、3000円儲かりました。



つまり、空売りと言うのは、誰かから株を借りて売り、いずれ買い戻して返済する。という取引です。

つまり、これから値が下がる株を狙う必要があります。



ただ、この空売りは基本的には危険な要素がいくつかあります。

まず、リスクが青天井です。

100万円の株を買った場合、その株が紙くずになったとしても、100万円の損害で済みます。それ以上損する事はありません。


が、100万円の株を空売りした場合、その株が200万円まで値上がりすると、100万円の損害が出ます。そして、さらに300万円まで値上がりすると、200万円の損害。それ以上上がると、さらに損失は膨らんでいきます。株の値段に上限が無い以上、空売りによってでる損失も上限が無いわけです。


あとは、空売りが殺到すると、貸してくれる株が無くなって来ます。すると色んなところから調達しなくてはいけなくなり、逆日歩といって、貸してくれる人に金利のような形で、お金を払わなくてはいけなくなってくる来る時があります。会社の不祥事などがあり、誰も彼もが売りまくると、この逆日歩が異常な値段に跳ね上がる事もあります。





売買手数料に関しては、ほとんどの会社で信用取引の方が、売買手数料が安いです。これは信用で買ってもらった方が会社は金利が取れるためです。通話料で稼げるので本体が安い携帯と同じ理屈です。


例えばEトレの場合、スタンダードプランで、200万円分の株を買い、売るって感じで1往復の売買すると、現物(現金での取引)では950円×2回で、1900円かかります。


が、信用だと400円×2回で、まず800円。あとは金利。200万円の金利は、169円/1日なので、6日以内に決済するつもりなら、信用取引の方が安くつきます。




ここで、手数料を節約する賢い、方法があります。まず信用取引で株を買います。そして、その株を現引き(現金を払う事によって、信用取引で買った株を現物にする事)します。

つまり、内容的には現金で株を買ったのと同じ事になります。

そして、その株を売りたいときは、まずその株を空売りします。んで、その後現渡し(現物の株を差し出す事によって、空売った株の返済をする事)すれば、内容的には、現物の株を売ったのと同じ事になります。


つまり、信用買い→現引き→信用売り→現渡し。というルートを辿れば、内容的には現物の株を買って、売ったという事と同じですが、売買は信用で行ってるので、手数料は信用での売買+1日分の金利+1日分の貸株料で済みます。つまり、何日持っていようが1往復1032円で済みます。

手数料1900円が1032円になるのは、でかいよね。つまり証券会社のルール次第では、現物で取引するメリットは全く無いんだよね。ハイリスクハイリターンな取引をしないにしても、信用取引で現物の感覚の売買をすればいい。

(銘柄によっては、空売りが出来ない銘柄もあり、その場合はこの方法はできません)







まとめると、信用取引ってのは、単純に賭け金を上げて、ハイリスクハイリターンって説明がされてる事が多いが、考えてやれば、手数料の節約、空売りで下落局面のリスクを下げる、資金効率を上げるなど、様々な使い道がある。


信用取引の良い使い方としては、


・手数料節約目的で使う
・リスクヘッジ目的の小額の空売りで使用
・デイトレで、資金効率を上げるために使う
・長期投資では、極力使わないようにする




と、いったあたりだと思います。



普通信用取引は、株の経験年数が、ある程度無いと作れない事になってるんですが、どこの証券会社も金利欲しさのため、株をやった事無い人でも「株初めて2年くらいです」っ言うだけで、簡単に作れます。


ただ、実際には借金して、株をやるという事実を忘れては駄目で、最初は信用取引には触らない方が良いという事を、強くお薦めします。適当にやった場合の危険レベルは、吉宗の比ではないのでwww
スポンサーサイト
EDIT |  20:26 |  株話  | TB(1)  | CM(8) | Top↑
プロフの写真はどりさん本人ですよね?

つまみち |  2007年07月29日(日) 20:53 | URL 【コメント編集】
★17000割れの悪夢が、、

 信用倍率と売り禁を逆日歩の所で書くとより具体的だったはず、、

 トレンドが決まるまで暫く荒れるよ、、大きく取れるチャンス!
kio |  2007年07月29日(日) 22:41 | URL 【コメント編集】
話題は違うんですけど、、今日の選挙結果になると、明日の株の動きは一般的にどう動くんですか?

機関投資家の売り先行になるんでしょうか?
とんぼぅ |  2007年07月29日(日) 23:04 | URL 【コメント編集】
ペルソナ3は 暗くないですよ(^o^)/ グローランサー5、6 ペルソナ3フェスは 最近の中でおもろかった(^o^)/


記事と関係無いコメで申し訳無いm(_ _)m
花山薫 |  2007年07月30日(月) 05:08 | URL 【コメント編集】
ブル魔の1000円で手数料払えば(・∀・)イイ!

チン子わゲーセンの吉宗でイイやww
チン獣13(固定) |  2007年07月30日(月) 05:29 | URL 【コメント編集】
>つまみちさん

そうですよ^^


>KIOさん

なんか、文章が長くなっちゃったんで、抜いちゃいました・・・。全体的にもうちょい、細かく書きたかったんだけど・・・。短く簡単に、解り易く書きたいっていつも思ってるんですが、なんか長くなっちゃうんですよね><


>とんぼぅさん

政治関連はあまり詳しくないんですが、過去のデータによると株の市場は自民勝利が好感されるようです。んで、今回は自民惨敗。ただ今回の自民負けは前から言われてましたし、議席数もほぼ予想の範囲内だったので、今回は大して影響ないと思います。
株価はこれから起こる事を、前のめりで消化していくので、悪い事が起こっても、前もって悪いと解っていれば、あらかじめ下げてるので、実際事が起こってもそれ以上下がりません。むしろ、どうなるか解らないという、イベントの通過から、安心感で買われる事も多いです。
ただ、先週末の市場終了後、アメリカの株価暴落、円高、という日本株にとって悪い現象がいくつか起きてるので、むしろこっちが原因で、月曜日は下げて始まると思われます。日経平均が17000円位で寄り付けば、選挙の影響は、あまりなかったと思って良いんじゃないでしょうか??
機関はどうですかね。個人的には17000付近で寄り付いて、そっからさらに投げを誘う売り仕掛け→反転みたいなイメージでいるんですが、こればっかりは、解りません^^;寄りからいきなり上げるかも・・・・。ひたすら下げるかも・・・・。難しい・・・。


>薫さん

うほ、最近面白いゲームないなぁと、思ってたんで、どれか買ってみようかな。1つ買うなら、どれお薦めです??


>珍獣さん

あいつ、まだブル魔なのかwwこの前近くの、くそでかいゲーセンに、20台くらい吉宗、導入されてたwww193止めだらけで、ワロタw
どり |  2007年07月30日(月) 06:42 | URL 【コメント編集】
グローランサーは話繋がっちゃってるんで ペルソナ3フェスなら ボリュームあって いいかも(^o^)/
花山薫 |  2007年07月30日(月) 08:14 | URL 【コメント編集】
>薫さん

ペルソナ3ですね。今度暇な時、探して見ます^^
どり |  2007年07月30日(月) 12:03 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


-
管理人の承認後に表示されます
2007/08/02(木) 09:18:02 | 
 | HOME | 

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。