FC2ブログ
2002.10.01 (Tue)

天空のシンフォニア 

基本ゲーム性
ARTのみ
4段階設定
天井=ART終了後990G消化で超高確に移行(実質ストック3個以上が数十G後に発動する)

ボーナスは存在せずARTのみで出玉を獲得するタイプ。

約1/60で成立するチャンスリプレイをメイン契機としてARTに突入する。ARTは30G=1セット。セット終了後ストックが残ってる場合はバトルに勝利(耐える)して継続となり、再度30GのARTに突入。

ART性能=1Gあたり2.0枚増


ART初当たり
設定1:1/146
設定2:1/137
設定5:1/116
設定6:1/103
*全ての突入契機合算
*潜伏があるので実際の出現率は上記より悪くなる

機械割
設定1:97%
設定2:99%
設定5:110%
設定6:119%

看破要素
低確チャンスリプレイでART当選率
設定1:1/8.0
設定2:1/7.0
設定5:1/6.4
設定6:1/5.0
*チャンスリプレイは約1/60で成立

低確3択9枚でART当選率
設定1:1/141
設定2:1/145
設定5:1/102
設定6:1/79
*3択9枚役は合算約1/3で成立

低確時ART初当たり合算
設定1:1/224
設定2:1/213
設定5:1/170
設定6:1/132

*上記は3択9枚とチャンスリプレイでの当選率合算。1枚役と5連リプでの当選はノーカウント。低確→前兆の移行率なので前兆中のゲーム数は含まない。

高確チャンスリプレイでART当選率
設定1:1/4.0
設定2:1/3.4
設定5:1/3.2
設定6:1/2.8

高確3択9枚でART当選率
設定1:1/51
設定2:1/49
設定5:1/43
設定6:1/41

高確時ART初当たり合算
設定1:1/93
設定2:1/85
設定5:1/77
設定6:1/71

*上記は3択9枚とチャンスリプレイでの当選率合算。1枚役と5連リプでの当選はノーカウント。低確→前兆の移行率なので前兆中のゲーム数は含まない。


ART終了後のモード振り分け
*低:高:超高
設定1:63:31:6
設定2:60:34:6
設定5:51:39:10
設定6:50:39:11

通常時の打ち方
ペナルティーが有るのでナビが無い限り左第一停止厳守

左に魔方陣の下半分を枠上~枠上上に目押し。中右は適当。枚数的には全リール適当でもOKだが左に魔方陣を早めに狙うことによって「チャンスリプレイ」を見抜ける。設定看破をする際は要目押し。(魔方陣枠上以外の位置を押すとチャンスリプレイを見抜くのに中右の目押しも必要になるので注意)

・左の中下段に魔方陣停止「魔方陣下・リプ・リプ」でチャンスリプレイ確定。(上記打ち方をしなかった場合はクリスタル揃いがチャンスリプレイ。クリスタルを引き込めない位置で押すと見た目では通常リプが揃う)

フリーズ発生は1枚役確定(全設定1/862で発生)、フリーズ解除後逆押しナビが発生するので矢印と同じ色の7絵柄を逆押しで全リールに目押し(1枚役を揃えるとペナルティーなので注意)

天空チャンス中の打ち方
天空チャンス中は3択9枚役を外すことによってARTに突入する。逆押しナビが発生したら矢印と同じ色のボーナス絵柄を逆押しで全リールに目押し(黒ナビは魔方陣狙い)

液晶左下に出てる9枚役が外れ、中段に7揃い(魔方陣揃い)でARTスタートとなる

ART中の打ち方
ART中はリール左のランプで3択子役のナビが出るので、左に対応絵柄を狙って獲得する(中右は適当でOK)

チャンスナビはチャンスリプレイ成立のチャンス。

白色逆押しナビは、青七絵柄を逆押しで全リールに目押し。揃えばストック3つ以上上乗せ確定

ART抽選について
「チャンスリプレイ」「3択9枚役」「1枚役(フリーズ)」で抽選が行われている。1枚役は確定。

1枚役以外での当選時は、最大32Gの前兆→準備状態(天空チャンス)→ARTという流れになる。

一度の当選で複数個のストックを獲得する可能性有り。

・低確時の当選はストック1~3個確定で、大抵1個
・高確時の当選は1個、2個、3個、5個、10個、25個のどこかに振り分けられる。ほぼ5個以下のどこかに振り分けられる。
・超高確時の当選は3個、5個、10個、25個のどこかに振り分けられる。大半は3個か5個
*ストック振り分け数は全設定共通(但し高設定ほど高確滞在割合が多いのでスタート時ストック数が多い事が多い)

上乗せについて
チャンスリプレイの25%(偶数設定は33%)での上乗せがメイン。1枚役は上乗せが確定。3択9枚役でも極稀に上乗せする。

1回の上乗せで得れるストック数は
・チャンスリプレイ=1個、2個、3個、5個のいずれか。偶数設定はほぼ2個以下、奇数設定は1~3個に振り分けられることが多い。
・1枚役=3個、5個、10個、25個のいずれか。ほぼ5個以下
・3択9枚=1~3個のいずれか。99%で1個

状態について
「低確」「高確」「超高確」が存在。

超高確時は全設定共通で、チャンスリプレイ=1/2、3択9枚=1/4でART当選となるうえ、超高確は一旦移行すれば転落はないので、実質ART確定となる。

基本的に「ハズレ」を引いた際に移行抽選が行われる。

またリプレイの3連続でも移行抽選が行われており、リプレイ3連の50%で高確へ(4連は超高確確定、5連は即天空チャンス)

高確からのダウン抽選も「ハズレ」で行われる。

低確時ハズレで高確移行率
設定1:1/41.0
設定2:1/39.4
設定5:1/35.6
設定6:1/31.9

高確時ハズレで低確転落率
設定1:1/20.4
設定2:1/20.4
設定5:1/23.4
設定6:1/27.3
*高設定ほど高確に移行しやすく、転落しにくいため必然的に高確滞在割合が多い

*超高確へはリプ4連後とART終了後のみ移行する可能性あり

前兆について
ART当選時は、前兆状態を経て天空チャンスに突入する。前兆G数は1~16Gor32Gのどこかに振り分けられる。大半は「4」「8」「16」「32」のどこかに振り分けられることが多い


トップへ
スポンサーサイト



EDIT |  17:11 |  解析表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード