FC2ブログ
2001.09.11 (Tue)

めぞん一刻2 

基本ゲーム性
ボーナス+ART
天井=ボーナス成立毎に天井G数が選択され(最大1590G)、天井到達時は次回ボーナスまでのARTに突入する。天井はボーナス間はまりで発動するため、ART中に天井到達の際は、そこから無限ARTとなる。天井G数は500G台、900G台、1500G台が選択され易い(500G台10% 900G台20% 1500G台50% 1000~1499G19% その他1%)。また1590G以上はまると、ウエディングモード(無限ARTがボーナスを引いても80%ループする)に移行する。

ボーナス成立時やボーナス中の抽選に当選すると、1セット50GのARTに突入する。次回ボーナスまで継続するパターンも有り。

ART性能=1Gあたり1枚増

見た目的には斜めに子役が揃ったりするように見えるが、内部的には中段のみ有効の1ライン機。中段で本当に成立してる役の構成はややこしいため、以下視覚的な表現で書いています。

BIG合算
設定1:1/397
設定2:1/381
設定3:1/364
設定4:1/347
設定5:1/333
設定6:1/315

REG
設定1:1/485
設定2:1/468
設定3:1/452
設定4:1/431
設定5:1/412
設定6:1/390


機械割
設定1:96.8%
設定2:99.5%
設定3:101.8%
設定4:104.5%
設定5:107.8%
設定6:112.0%

看破要素
チャンスリプ、弱スイカ、1枚役からのボーナス合算
設定1:1/324
設定2:1/306
設定3:1/289
設定4:1/270
設定5:1/254
設定6:1/236
*上記3パターン以外でのボーナス成立は全設定、設定差が無いので無視。
*チャンスリプレイ(リプ・ブランク・リプ)

弱スイカ重複で白頭のボーナスが揃う確率(中段白BIG、斜め赤BIG、白REG)合算
設定1:1/2621
設定2:1/2260
設定3:1/1986
設定4:1/1771
設定5:1/1598
設定6:1/1425
*斜め赤BIGは内部的には「白・赤・白」BIGが中段で揃っている。

通常時チャンスリプレイ(リプ・ブランク・リプ)
設定1:1/93
設定2:1/91
設定3:1/89
設定4:1/87
設定5:1/83
設定6:1/79
*ART中は確率が変化するため、ノーカウント
*ボーナス成立後は揃いやすくなるのでノーカウント

ART中共通オレンジ
設定1:1/86
設定2:1/82
設定3:1/78
設定4:1/75
設定5:1/72
設定6:1/68
*共通オレンジ=押し順がなんでも揃うオレンジ。ART中はナビで押し順不問のオレンジが判別できるためカウントする。(通常時は押し順不問か、3択に正解したのか解らないため、ノーカウント)

REG成立時ART当選率
設定1~4:40%
設定5:45%
設定6:55%
*高確C、ウエディングモード、引き戻しゾーン、ART中での当選は全設定66%で当選(ART中は100%)なので無視。
*上記はREG開始時にリール告知で当選する割合。消化後にシャッターが閉まっての告知はREG中の数千分の1に当選する無限ARTなのでノーカウント

通常時の打ち方
左リールBARを目安にチェリーを上中段に目押し。スイカ出現は中右スイカ狙い。

上段スイカは弱スイカ、斜め&中段スイカは強スイカ。

スイカが滑ってきて何も揃わないのは1枚役=ボーナス確定

ボーナス中の打ち方
適当でOK。カットイン発生時は青七揃いを狙う(揃えばART確定)
*1回のBIGで3回青七が揃うと、ウエディングモードへ移行。

ART中の打ち方
押し順ナビに従って消化。

成立後の打ち方
赤七BIGと、白七BIGを同時に狙うため、まずは全リールに赤白の7の塊を狙う。

・中段白七テンパイハズレ→白REG確定
・左下段赤七停止→オレンジの大Vか、上段オレンジテンパイ+右中段にスイカorオレンジの形はオレンジのこぼし目なので、もう1度赤白の塊を狙う。
・上記2つ以外の形は青系ボーナス。比率的にまずは青REGを狙い、次に青BIGを狙う。

設定変更について
変更すると、高確Aからのスタート(高確Aは大して良いモードではありません)

設定変更後は、天井はリセットされ、設定変更後専用の天井G数を選択しなおす。

変更後の天井振り分け
100~499G 20%
500~599G 30%
600~899G 5%
900~999G 30%
1000~1499G 5%
1500~1590G 10%
(500台 900台のゲーム数がチャンス。またさらに細かい抽選として、500G台が選ばれた際は82%で510G、900G台が選ばれた際は82%で950Gが天井発動G数となる)

また、本機は下記3つの状態で、ひよこ演出が頻発する。
A、540G消化
B、940G消化
C、毎G行われている1/1820の抽選に当選する

このため、前日の止めG数(内部データで観覧)と、当日朝一のG数を足して、540、または940G付近でひよこ演出が多発すると、据え置き濃厚。当日朝一のG数がぴったり上記数字でヒヨコ多発となると、変更濃厚。

状態について
内部は「低確」「高確A」「高確B」「高確C」「ウエディングモード」の5種類。後者ほどART当選率が優遇される。

モードアップは基本的に、ボーナス非当選時に行われる。まれに通常時の強スイカ(中段or斜め揃い)の一部でもUPする。

BIGでARTに当選すると、ほぼ低確に転落する(REGからのARTは転落無し。ART当選するまでモードは転落しない)

また、BIG後50~100Gまで。REG後30~50Gまでは、ARTに当選し易い「引き戻しゾーン」となる。

下記はART非当選ボーナス時の移行率

【低確→高確A】
設定1~4:47%
設定5:55%
設定6:60%

【低確→高確B】
設定1~4:3%
設定5:5%
設定6:10%

*低確→高確C以上は0.2%未満

【高確A→高確B】
設定1~4:10%
設定5:15%
設定6:30%

*高確A→高確C以上は0.2%未満

【高確B→高確C】
全設定:4%

*高確B→ウエディングは0.01%

【高確C→ウエディング】
全設定:3%

ハイエナ期待値
ART間はまりによる「モード狙い」と、ボーナス間はまりによる「天井狙い」がある。

本機はART非当選のボーナスが続くとモードがUPしていくので、ART非当選のボーナスが連続していると期待値が上がっていくが、モードに関しては「高確C」以上になることは極稀で、「高確B」以下は特に拾う旨みは少ないため、モードのハイエナはほぼやる価値が無い。

天井狙いの方は650G以上のはまりから、期待値+となる(設定1の低確条件)。800Gはまりから期待値1000円を超えてくるので、ねらい目。

また、500G台だけ、900G台だけを狙うハイエナも僅かながら、期待値+なので狙ってOK(900台を狙う場合は、スルーしてもそのまま、ボーナスを引くまで打つほうが良い)



トップへ
スポンサーサイト



EDIT |  00:18 |  解析表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード