FC2ブログ
2000.08.17 (Thu)

夕陽のガンマン 

確変の見分け方

盤面右下の7セグの内、上側が「へそ用」下側が「電チュー用」の7セグ。パターンが違うので注意。

へそ突確は以下の5つ
gannmanna.jpg

電チュー突確は以下の5つ
gabbmannb.jpg

通常時に突確を引くと、電サポ無しで確変が潜伏する。

潜伏中の突確も電サポなしで潜伏継続

へそと電チューで計8個保留可能だが、確変の振り分けは同じ。

通常大当たりは「突時短」となり出玉無しのバトルタイプ=出玉ありの大当たりは全て確変。

確変大当たりは、5Rと16Rの2種類搭載。

通常時に「突確」「突時短」「小当たり」のいずれかを引くとガンマンモードへ移行。この時2R点灯で「突確」or「突時短」のどちらかが確定。上記のセグパターンは確変確定なので、大当たりを引くか突時短を引くまでの遊戯をお勧め。(ガセ小当たりでは確変は転落しないので、小当たりと突時短を混合しないよう注意)


同じように、確変中に「突確」「突時短」をひくと見た目時短の「リベンジモード」へ移行。

リベンジモードで内部確変であっても電サポは80回転で終了するので、上記セグパターンの場合は、時短終了後も遊戯の続行をおすすめ。



HV1

大当たり確率
1/399.8

確変中当たり確率
1/39.98

時短
80回

へそ&電チュー
16R確変 50%
5R確変  25%
突確 10%
突時短 15%
(実質確変) 83.3%

ガセ小当たり
チャッカー
1/249.9

チューリップ
1/1999

出玉 
1340~1480(16R)

トータル確率
1/68.7

参考:16Rの出玉1回分で、89.3回転が等価ボーダー

等価ボーダー
15.1~16.7



SD1

大当たり確率
1/309.3

確変中当たり確率
1/30.93

時短
80回

へそ&電チュー
16R確変 50%
5R確変  17%
突確 13%
突時短 20%
(実質確変) 77%

ガセ小当たり
チャッカー
1/247.4

チューリップ
1/1237

出玉 
1340~1480(16R)

トータル確率
1/76.7

参考:16Rの出玉1回分で、93.0回転が等価ボーダー

等価ボーダー
15.7~17.4



デジハネ

大当たり確率
1/99.8

確変中当たり確率
1/15.1

時短
10回

へそ&電チュー
16R確変 6%
5R確変  54%
突確 20%
突時短 20%
(実質確変) 75%

出玉 
380~420(5R)

トータル確率
1/33.3

参考:5Rの出玉1回分で、27.3回転が等価ボーダー

等価ボーダー
16.3~18.0
スポンサーサイト



EDIT |  22:35 |  解析表  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード