--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2014.05.24 (Sat)

ボールは友達じゃない!蹴るもんだ! 

エドモンド本田は相撲を見たことが無いと思う、どりです


とある日曜日。子供と遊ぶふりしつつ幼女でも眺めようと、子供を連れて公園に行ってみた

公園と言えばサッカーボールだろ。と思いわざわざボール買ってから行ったのに、公園にいざ着いてみるとそこにはDSをやってる子供たちだらけだった。

まあ、俺も小さい頃は公園でゲームボーイとかやってたけど。

大人になってからこういう光景見ると悲しいもんがありますなw



さて、帰ってエロゲのレベルでも上げるか。
スポンサーサイト
EDIT |  18:24 |  収支・日記  | TB(0)  | CM(4) | Top↑
2014.05.10 (Sat)

ノズルが外れてる時に金を入れたがギリギリ戻した時の勝った感@3.4月収支 

こんばんわ。真昼間からパチ屋のマッサージチェアに座りながらテレビ見てたら、NHK教育の数学番組だったらしく、ひたすら「底辺!」「底辺!」って連呼された、どりです


【電王戦の感想】

さて、昨年に続き人間側の1勝4敗という惨敗に終わった電王戦でしたが、結論から言っちゃうとさすがにもうソフトの方が強いですな。

去年はソフトに負け越して、将棋ファンとして悔しいという気持ちがあったが、今年はなんかもうしゃーないって感情の方が大きかった。冷静に考えると最新型パソコンとパズルゲームで張り合える人間が居る事の方がビビるわ。

何をもって「将棋が強い」というかにもよるとは思うんだが、少なくとも「実戦で勝った方が強い」というならソフトの方が強いと思う。出てきてない人を名指しするのは失礼かと思うが羽生や渡辺でもおそらく5割勝てないと思う。研究や手の意味を時間をかけて把握する能力はまだ人間もやれると思うが棋士と名乗ってる以上実戦で負けて「でも時間かければ弱点探せるから」っていうのは言い訳になってしまうと思う。

ただソフトの強さは少し極端なとこが有り、やはり序盤は弱い。多分俺レベルに弱い。しかし終盤は神に限りなく近いくらい強い。

将棋は途中どんだけポイントを稼ごうが、どんだけ必勝形になろうが「最後に1回ミスした方が負け」というゲーム性なので強いか弱いかはともかく「勝つ」のはソフトになる道理がここにある。


序盤弱いのに終盤超強くなる理由としては、もちろんソフトによって色々あるとは思うのだが

・序盤=プロ棋士の過去の棋譜を読み込ませその結果を数値化して局面の優劣を判断

・中盤=3駒関係のように、駒同士の位置関係に点数をつけ(金の下に歩があれば何点、桂の行先に相手の飛車と王があると何点、相手玉の近くに龍が出来てれば何点、持ち駒は歩が何点という具合)その数値で形勢を判断

・終盤=詰み(詰めろ)をしらみ潰しに検索


というパターンが今のところ多いようで、これを見ると弱点も見えてくる

・序盤=プロの実戦で出てきて無い(もしくは極端に少ない)局面は数値化が難しく精度も低い

・中盤=本来なら良い形だが例外的にこの局面では悪い。みたいな駒の配置が出てくると錯覚が起きる。また、駒得に釣られる事がある

・終盤=答えのある計算式なので機械に弱点は無い。

という感じ。終盤に関しては詰みまでは読み切れない程度の終盤ならたまーに間違いが起きることも有る。また入玉は本来のプログラムと全く別物になるので対応できないソフトが多い


つまり、対ソフトには「全然見た事無い手を指しながら入玉含みでながーい序中盤をのらりくらり指す」のが有効となる訳で、最近になってようやく米長先生が指した2手目▽62玉の「ソフトにはこれが最善手」の意図がわかりかけてきた

あと弱点があるとすれば「水平線効果」と呼ばれる読み以降の事は一切考えないという特徴。水平線に向かって幾多の道があるとして、ソフトは水平線のこちら側の道全てをしらみ潰しに全て見ることができる。つまり水平線のこちら側に勝ちがあるならソフトは必ず勝ちをゲットできる。しかし勝ちが水平線の向こう側にある場合。これは「勝ちがありそうな道」を選ぶしかないわけだが、この勝ちがありそうな道を探すのはまだソフトよりトッププロの方が嗅覚が優れてる事がある。

人間だと読み切れてないけど「なんとなく危なそう」っていう事が感覚としてあるが、COMはそういう感覚という部分が無い。いわゆる「COMは震えない」という事だが震えず踏み込んでくるのは強さでもあるが弱点にもなる

トッププロのレベルになると道を数本だけ選ばないといけないという制約はあるが、水平線の向こう側まで見ることができる。たまたまそこに勝ちがあればソフトに勝てるんだが、水平線の向こう側まで行くには時間がかかりすぎるので持ち時間5時間の中で水平線の向こうの勝ちを見つけるのは相当難しい


また、ソフトやハードは日々進化してるのでこの水平線そのものがどんどん遠ざかって行っている。一方人間は知識や経験は増えても能力そのものはすでに限界に近いレベル。現状ではまだ人間にも望みはあるが、数年後はスマホどころか500円の雑誌についてきた付録のおもちゃに名人が負けてしまう日も来てしまうんだろう。

なお、こんな性能のソフトであるが地球上全てのパソコンを繋いで50億年くらい計算しても初手何が最善か解析できん模様。どんだけだよ将棋




以下、電王戦5局の棋譜と感想




菅井 習甦戦




やねうら王 佐藤紳戦




豊島 YSS戦




ツツカナ 森下戦




屋敷 Ponanza戦






3月収支
パチ +347k
株 +81k
FX +85k
計 +513k

4月収支
パチ +146k
株 -5k
FX -13k
計 +128k
EDIT |  16:51 |  将棋  | TB(0)  | CM(3) | Top↑
 | HOME | 

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。