--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.09.22 (Sat)

業界の革命 

こんばんわ。爆出してあと1回で、この台の最高当たり回数記録に並ぶなと思ってたら、そこから激ハマリの、どりです。


稼動無いんで、ネタ的な記事でも。


ちょっと前までスロの歴史を振り返る記事書いてたんだけど(詳しくは、左下の昔カテゴリー「過去話」)、やっぱスロの歴史で盛り上がってる時って、革命的なマシンが登場してる時なんですよね~。

初爆裂AT機の獣王、初ストック機のスーパーリノ、初バトルタイプの北斗の拳、初めてパトランプがついた台、初めて1リール確定のリーチ目が出た機種、初めて機械割が150%を越えた台、やっぱり革命が起きた瞬間は盛り上がるw


って事で今日は、そんな中、どうでもいいスロの革命が起きた瞬間(全く普及しなかった、新しい機能が搭載された機種が発売された瞬間)をちょっとだけw


暇つぶしにどうぞw









・初JAC1回のBIG   ナイツ
・初1ライン機    キングキャメル
・初3ライン機    ミリオンゴッド
・初4ライン機    回胴王
・初6ライン機    ファンシーロックナイト
・初7ライン機    ドクターA7
・初8ライン機    マックスボンバー
・初9ライン機    グルクン
・初27ライン機   トゥエンティーセブンR


スロットは、5ラインというのが普通ですが、案外5ラインじゃない機種も数多く出てます。5ラインじゃないという革命を起こしたかったのかも知れませんが、やっぱ5ラインが一番良いようで、普及せずwwww7ライン以上は、ボーナス確率の問題でやったのだとは思いますが。
個人的にも、5ライン以外で面白い機種って、あんまり記憶に無い。
あと、ナイツはJAC1回という革命期でしたがこれも普及せず。ナイツ自体はすごい面白い機種だった。できれば5号機復活して欲しい機種^^



・初萌えスロ      スーパーブラックジャック777
・初エロスロ      美麗
・初ワイドリール    ワイワイパルサー
・初ミニリール     キングキャメル
・初レバー上方向感知  アメリカーナ
・初レバー全方向感知  ロッキー
・初灰皿付属      パチスロパルサー
・初コイン払い出し時下皿フラッシュ    バンバンダッシュ


萌えスロは、そんなに需要があるんかいな??よくわからん・・・。ここに上げたのは、実は地味に普及したもの。
さり気なく便利なものも。
個人的に、テンションが上がったのはバンバンダッシュ。BIG中に下皿が光り捲くるのはテンション上がったww


・初ドット搭載      ビーナスライン
・初7セグ搭載      スーパージャックポット
・初液晶搭載       ゲゲゲの鬼太郎SP
・初告知ランプ搭載    チェリーバー
・初パトランプ搭載    オリンピア・マークⅢ



演出系。液晶がつき出した時は、なんじゃこれ??と思ったけど、今や液晶が無い機種の方が少ないのかも。これはちゃんとした革命ですね。


・機械割り最高記録(雑誌発表) コンチ4X設定6 169%
・最強天井    サンダーV2の第3天井(BIG間3600はまりで、とりあえず2万枚は確定)
・機種名最長記録   シンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか
・パネル種類最多記録  桜姫  26種
・最長フリーズ演出記録  デカナナ  約3分
・最高一撃AT継続G数  ダブルチャレンジ(永久ATは除く) 9999G
・最低一撃AT継続G数  Eカップ  1G
・最深天井G数記録  アレキング 65535G
・最高販売台数記録   北斗の拳  約62万台
・最低販売台数記録   フィッシング  14台
・最高中古市場価格   吉宗   約200万円


これだけ歴史があると、記録もトップは、すごい数字。フィッシングはどこに設置されてたんだろ・・・・・。まじ打ちたいんですがw



糸冬





~今週の株取引~

日本和装ホールディングス  1株買い



日本和装ホールディングスは、その内2、3株ほど仕込もうと思ってたら、材料出ちゃって週頭であわてて1株だけ買い。どっちにしろ今月中には買ってたと思うので、もうちょっと発表待って欲しかったな~。
一応9月中間配当は4~5万円程の予定。
中間配当が大きい会社あんまり持ってないんで、あんまり配当落ちとかは影響ないかな??



スポンサーサイト
EDIT |  17:39 |  過去話  | TB(0)  | CM(15) | Top↑
2007.06.18 (Mon)

昔話 

昔話、最終回です。



過去記事
0号機時代
1号機時代
2号機時代
3号機時代
4号機初期時代
4号機大量リーチ目時代
4号機演出ブーム&CT時代
4号機大量獲得&多ライン機時代
4号機RT&AR&AT時代
4号機爆裂AT時代&ST初期時代
4号機サイレントST機時代
4.1~4.5号機時代
4.7号機時代







5号機時代~


5号機の規定で、大きく変わったのは、


・検査時、成立する子役は、全て取る
・ボーナスフラグ重複禁止
・400Gの試打で、機械割り300%未満にする事
・6000Gの試打で、機械割り150%未満にする事

・ボーナスの払い出しを固定式に
・リールに使用できる絵柄の数を7種類から、10種類に変更
・特定役でCT抽選を許可(ボーナスを引かなくてもCTを発動できる)
・CT中のボーナス抽選は不可
・ボーナスと子役の重複当選可
・リールの自動停止機能を無くす(自動停止した場合の子役の入賞不可)
・前面パネルの点滅を許可



完全DDTで検査になり、今まで通り「17500Gで機械割り120%以内」という項目もあるので、機械割120%越える台は完全に作れなくなりました(検査が通るまで、アホみたいに何回も通せば可能ですが、そんな事わざわざメーカーはしないでしょう)


今まで120%越える台が作れたのは、法の間をすり抜けてたわけで、今回はそこを絞られたので裏技は一切ありません。5号機で機械割り120%を大きく上回る台は出ません。



また、短期間の機械割制限ができたので瞬発力も抑える羽目になります。

5号機で、4号機初期のようにBIGとREGのみの台で、120%近い台を作りにくい理由がココにあります。

瞬発力と聞くと、AT機とかのほうが有るように感じますが実際はノーマル機の方が荒れます。なんせBIGを引いてしまえば数Gで1000枚出ることも有りえるので。

結果、5号機のノーマル機は荒れる要素を少なくするため、

・通常時コインもちが良い
・ボーナスの獲得枚数は少ない
・ボーナス確率が悪い
・子役を完全に取ると機械割が下がる

という、項目が組み込まれる事となります。


最後の子役を取ると機械割が下がる。というのは5号機規定の裏をつく発想で、

・BIG中レア子役は、外した方が獲得枚数がUPする
・RT中特定子役を揃えると、RTが終了する

という発想で、活かされてます。



現在、仮面ライダー、リングにかけろ。等のいわゆる「リプパン外し」による、ロングRT+子役外しによるRT継続。が一番5号機で機械割を上げる、理にかなったゲーム性となってます。

リプパン外しという、また網の目をくぐるようなメーカーの行為ですが、このリプパン外しに関しては、すでに警察に質問が寄せられており「問題なし」との回答を得られているようです。5号機においてリプパン外しは、1つのゲーム性として確立されそうです。


さて、スロ歴史の話でしたが現状はここまでで、ここからは未来です。規制をかけられた5号機時代ははたして、どんな時代になるんでしょうか??



メーカーの知恵をしぼった発想で、再び大ブームを起こす台が登場するんでしょうか?

3号機時代のような、裏モノの復活が待ってるんでしょうか?





ここからは、個人的に5号機のポテンシャルを考えてみたいと思います。


肝心な出玉面ですが、終日機械割り120%という項目はそのままなので、4号機初期~中期のような台は、アイデア次第で復活可能だと思ってます。

短期で300%オーバー不可という項目は、逆に言えば300%までOKな訳なので、まず思いつくのは最大払い出し子役を9枚にしてしまう事。

3枚投入→9枚払い出しで300%。

つまり、メイン子役の払い出しが9枚までなら、どんな連荘をしても引っ掛からない。


9枚役程度を取り捲りのAT機は、リプパン外しの様に「何かを獲得するとペナルティーが有る」という条件と併用すれば復活可能ですかね。但し「成立→全て獲得」の項目が有るので、毎G9枚を獲得する様なのは無理。あくまでAT機はマッタリ増えるが限界です。



なので、まず純Aタイプで考えてみる。

今、うる星やつらのようなBIG獲得枚数がでかいのを売りにしてる台があるけど、むしろ俺は獲得枚数はでかくない方が良いと思う

4号機時代は、大量獲得VS少量獲得(多ライン)で、大量獲得が勝ったのでBIGはでかい方がウケルという認識があるんだろうが、それはあくまで機械割あっての話。

大量獲得にすると、設定6でもどうしても機械割りが110%程になりがちな5号機では、どうなんだろう?と思う。

なかなか当たらない機械割り110%の大量獲得と、ポコポコ当たって1BIG300枚ほどの機械割115%クラスの少量獲得。

俺は、後者の方が人気出ると思うが。

後の方法としては、通常時の子役で取りこぼすのを前提の役を作る。そして、取りこぼした際は数GのRTに突入。(獲得するとRTにならない)

つまり取りこぼした方が得にしておく。これで通常時のコイン持ちを大幅アップすれば、少量獲得でも4号機初期位の、出玉感は戻ってきそうな気がする。

ただ、こうすると通常時のRTが多くて、俺が好きな4号機初期のような、大量リーチ目機種は難しいかもね。かといってプチRTを混ぜない純粋なAタイプでは割りは良くなりにくい。機械割が低いノーマルAもやっぱ魅力に欠けるな~。




他には、不確定要素のBIGそのものを無くしてしまって、RTのみで増やすとかもありだろうね。

9枚役メインのロングRTのみの台なんてのを作ったら「まったり北斗」「まったりミリオンゴッド」も作れそうですしねwwwww


5号機に入っても頭が切り替わらないメーカーが多いだけで、初心に戻れば5号機ルールは、そう悲観する時代じゃないと個人的には思います。


ただ、パチンコが爆裂時代になってきてるので、昔のようにスロはパチンコ屋の端に追いやられるかもね

EDIT |  00:21 |  過去話  | TB(0)  | CM(15) | Top↑
2007.06.14 (Thu)

昔話 

こんばんわ。小便をするとき、「スティッキー・フィンガーズッ!!」と叫ぶ、どりです。




昔話。



過去記事
0号機時代
1号機時代
2号機時代
3号機時代
4号機初期時代
4号機大量リーチ目時代
4号機演出ブーム&CT時代
4号機大量獲得&多ライン機時代
4号機RT&AR&AT時代
4号機爆裂AT時代&ST初期時代
4号機サイレントST機時代
4.1~4.5号機時代




☆4.7号機時代☆



警察が動き出し、さらに業界が自主規制に乗り出しました。


今回の自主規制内容は、


「終日で万枚が出ないようにする」


というもの。


過激なハマリと連荘による、お金の急激な流れを止める体制になりました。

この規制により作られた機種を「4.7号機」と呼びます。


ちなみに「4.7号機」と言うのは、日電協などが定めたわけではなく、雑誌などのメディアが勝手にそう呼んでるだけです。


正式には「2003年10月以降の4号機」です


文章で書く分には確かに4.7号機って分類した方が使い勝手が良いので、ここでも4.7号機と呼ばせて貰います。



この規制が入り一気にスロットの爆発力は衰えていきます。


ただ、この4.7号機時代に入っても「おそ松君」等、ゆうに機械割が120%越え+万枚可能な台も存在します。



これは、一体なぜなんでしょうか???


それは、検査の仕方に問題があります。




と、いうのも保通協の検査は、基本的に17500Gの試し打ちしかしません。



つまり、この検査時の17500Gで、120%以内に出玉が収まればOKです。例え、実際のポテンシャルが130%あろうが140%あろうが、検査時に引き負けてくれれば通ります。


1回180万円の検査代取っておいてこんな検査なんだから、そりゃ業界も荒れます(180万くれれば俺が完全DDTで17500G回してあげますよ)


ようするに、おそ松君やら、めんそ~れやらを打ってる人をよく「チャレンジャー」だと思いますが、それ以上に、こんなスペックで検査に通そうとするメーカーも、よっぽどチャレンジャーだと言う事ですw


検査時に引き負けたときは、製作者全員ガッツポーズでしょう


ちなみに、よく機種名の最後に「F」やら「R」等、無駄に1文字ついてる機種をよく見かけると思いますが、大抵1度検査に失敗して検査やり直しを食らった台です(人気台なんかは最初から数種類のスペックを通したりもします)

一回使った型名は使えないので、1文字足して再度検査にチャレンジしたり、数種類通してみて通った中から良いのを市場に出していくわけです。

RとかSとか最後についててホールに有る台は、もしかしたら1発目は凄い爆裂機だったけど、検査負けしたのでやむを得ず爆発力を落として再検査した台かもしれません。もしかして1文字ついてなかったら、凄い事になってた台もあったかもね


また、4.7号機に入り、AT機に関しては膨大な資料提出が義務付けられ、大半のメーカーはコレを嫌いAT機を作らなくなりました。






そして間も無く、ついに警察から新規則の改正が発表されました。


自主規制では無く警察の改正。つまり小数点ではなく5号機です。

運命の施行日は、2004年7月1日。



これにより4号機の検定は04年6月30日を持って終了となりました。


さて、メーカーは大変です。4号機仕様で作ってきた、台、リール、液晶、プログラムetc・・・・。今、製作中の4号機は、なんとしても6月末までに検査合格しなければ、会社は大量の在庫を抱えてしまいます。


結果、この検査ラスト2~3ヶ月に通った台は、皆いびつな仕様になってしまいました。


というのも、ユーザー&ホールからは5号機のマッタリ仕様より、4号機の爆裂性にニーズがあります。


反面、検査時の17500Gで終日万枚以上、機械割り120%オーバーのスペックを出してしまうと、お蔵入りで会社は大損失。絶対検査を通すとなると、リミットギリギリの120%ほどのスペックの仕様を作るわけにはいきません。ちょっとヒキが強ければお蔵入りになるので・・・。


結果、連チャン性はあるものの機械割り激低という、意味不明な機種が出来上がりました。


北斗SEや、俺の空、鉄拳X・・・・・等など。設定6でも機械割105%付近というこれらの機械割に不満の声が絶えませんが、メーカーの立場になるとこうせざるを得なかった状態だったわけです。


この後2006年6月に「みなし機」と呼ばれた、製作から3年以上たってるオールド機が完全撤去。規制の必要が無いはずの古き良き台までもが犠牲になりました。


さらに、稼動バリバリの状態にもかかわらず、歴代設置台数1、2フィニッシュだった「北斗の拳」「吉宗」の2大スロットが撤去。



そして、現在。ホールには4.7号機と5号機が混在してます。


しかし、残る4.7号機も寿命は短く、吉宗を抜き歴代設置2位に上り詰めた「押忍番長」は、7/13をもって検定切れ。


7/29には、北斗の拳SEが消滅。



そして、長きにわたった4号機時代のラストを括るのは「俺の空」

10/1の俺の空の検定切れをもって、4号機は完全にこの世から消えます。




5号機時代(現在)に続く
EDIT |  19:11 |  過去話  | TB(0)  | CM(16) | Top↑
2007.06.07 (Thu)

昔話 

こんばんわ。エラーをいちいちマイクロソフトに送信しない、どりです。


昔話です。



過去記事
0号機時代
1号機時代
2号機時代
3号機時代
4号機初期時代
4号機大量リーチ目時代
4号機演出ブーム&CT時代
4号機大量獲得&多ライン機時代
4号機RT&AR&AT時代
4号機爆裂AT時代&ST初期時代
4号機サイレントST機時代




4.1~4.5号機時代



02年7月、スロットが原因で破産者が増殖する中、日電協が自主規制に乗り出しました。

警察から規定変更があったわけではないので、号は4号機のままですが、便宜上一般的にはここから後に作られた機種は、4.5号機と呼ばれています。



また、4.1号機という言葉も存在してるのですが、これは4.1号機を開発しようと作られた言葉ではなく、機種規制に入る際「こういう4号機はもう作っては駄目」と後付で作られたもので、いわゆる「爆裂時代に作られた、問題有りのマシン」を総称して4.1号機と呼ばれています。


4.1号機に指名されたのは「コンチ4X」「爆釣」「一撃」「アラジンA」等を筆頭に、爆裂AT機がほとんどです。


そのため、この後発売予定だった爆裂AT機の「超獣王」「アラジンD」等、期待されてた爆裂AT機は、ホールに導入される事無くお蔵入りとなりました。


4.5号機の規制内容は、簡単に言えば「ちゃんとした打ち方で機械割を120%以内の台を作ろう」というものでした。

つまり、何万枚でてもいいじゃんってのをやめて、割をちゃんと正規の規制の範囲内に収めると言う事。ST、AT等のゲーム性自体は、特に今までどおりです。


4.5号機最初の機種は「モグモグ風林火山」でした。当時にしてはまったりな部類でまともな自主規制になるのかなーって感じでした。


しかし、健全化に向けて再出発したこの月に1つの伝説マシンが登場してます。








「ミリオンゴッド」(爆)
DOD.jpg



後々解るのですが、スロット史上最強最悪の「爆裂AT機」という名前が生ぬるいほどの機種です。再出発の最初の月に出たのがコイツなのですから、何のための規制かよく解りません。


一応知らない人の為にこの機種のゲーム性を説明すると、一旦ATに突入すると通常時にひたすら15枚役が揃い続けるGG(ゴッドゲーム)を搭載。BIGやREGは無く、コインを増やすのはこのGGのみです。

スロットの規制で1Gでの最高払い出しは15枚。と決まってるので、通常時にひたすら15枚といのは、考えれる最大の増加スピードです。

さらにはGG中以外は子役はほとんど揃いません。リプレイすら揃いません。1000円で16Gしか回らないのが当たり前です。

GGもそう簡単には引けないので、何も起こらず1時間で4万円以上溶ける。

それが、こいつの通常時ですwwww


1/8192で引ける「GOD揃い」を引けば、最低500GのPGG(プレミアムゴッドゲーム)開始(一撃約5000枚)普通のATにしても約1万円くらいの通常GGが平均20連します(鬼爆)

純粋な1フラグで10万円確定は、後にも先にもこいつ位ですw


機械割なのですが、ミリオンゴッドの機械割はかなり謎につつまれてます。店の仕込がかなり効くのと、GGがストック形式なので、内部の状態によって同じ設定でも全然機械割が変わるのです。

一般的には、ゴッドの機械割は大体70%~300%位と言われてます。それくらい、機械割なんてもはやどーでも良い台ですw

規制が入ったのにこんな機種が通ったのは、検査時の「通常時最もコイン持ちの良い押し順で消化」という新ルールが関係してます。

ミリゴの最もコイン持ちの良い押し順は「逆押し」

逆押しなら子役も結構揃うし、リプレイも揃うので1000円で150G位回りますww


ただし、ミリオンゴッドは逆押しで消化すると、ペナルティーとしてGGが一切発生しません。

これが、新ルールのいきなり裏をつく方法で「順押し以外で消化するとペナルティーが有る。また順押し以外だとコイン持ちが良い」という機種を作れば、またやりたい放題に。


さすがにミリオンゴッドを見て、03年10月。ついに警察が動き出します。


発令されたのは「検定取り消し」

指名機種は、「アラジンA」「サラリーマン金太郎」「ミリオンゴッド」の3機種。



この3機種は4.1号機問題で、すでにメーカーが自主撤去と言うか、代替機種を用意してました。


「アラジンA」に関しては一撃5000G(5万枚確定フラグ)のATを排除した「アラジンS」

「サラリーマン金太郎」は、設定6の機械割を抑えた「サラリーマン金太郎S」

「ミリオンゴッド」はGGを少なくした「ゴールドX」という、それぞれ4.5号機仕様を用意してました。



しかしアルゼ(瑞穂)のゴッドだけが、なかなか代替をせず、反感を買ったかと思えば、導入したら導入したで欠陥が発覚。ゴールドXには通常時押し順ナビが発生するのですが、それを無視すればコインが増え、設定1でも勝てるという内容でした。

当然ホールは島閉鎖されます。


本来、押し順ナビなんてものは単なる演出でプレイヤーは無視しようが自由です。スイカナビ時にあえて、取りこぼして遊ぶのも自由です。

しかし、この押し順無視攻略に関しアルゼがとった行動は、

アルゼ、ゴールドXの対応に関してのお知らせ
(PDF)

プレイヤーを、ゴト扱いするというものでした。


明らかに自社の設計ミスなんですが、アルゼは自分の非を認めず。

店舗の損失訴訟などにも発展し業界は大荒れ。撤去どころでは無くなってきます。



ちなみにこの時、同時に稼動してた爆裂AT機のうち「猛獣王」や「爆釣」といった機種は、検定取り消しにはなっていません。

1号機時代にも触れましたが、スロットが警察に認可されてる要因の1つに「目押し」があります。爆裂製もさることながら「押し順のみでメダルが獲得可能」というのも、撤去の理由になったようです。良く解らない理由ですがw


ついに警察が動き出した。


この動きを受け、業界はさらに自主規制を強める事にしました。


4.7号機時代に続く。
EDIT |  19:16 |  過去話  | TB(0)  | CM(18) | Top↑
2007.05.26 (Sat)

5/26 

こんばんわ。「笑点」が一発変換出来ない事に怒り心頭の、どりです。




~昔話です~

過去記事
0号機時代
1号機時代
2号機時代
3号機時代
4号機初期時代
4号機大量リーチ目時代
4号機演出ブーム&CT時代
4号機大量獲得&多ライン機時代
4号機RT&AR&AT時代
4号機爆裂AT時代&ST初期時代





4号機サイレントST機時代



一定ゲーム数ボーナスを貯めて即連で吐き出すと言う、ST(ストック)機の初期バージョンは見事にコケてしまった訳ですが、発想を進化させST機が帰ってきます。




これは、4号機の集大成とも言える機能で、


・順押しフリー打ちで機械割が120%未満ならなんでもOK
・成立フラグを持ち越しても構わない
・リプレイは確率変動OK
・成立フラグは揃わなくても良い
・ボーナスフラグ持ち越し中、子役に当選した場合、子役優先の制御



という、概念がふんだんに使われ実現した、奇跡の合法裏モノです。

ST機は、今までのAT、CT、大量獲得といった、裏技爆裂機と違い純粋にボーナスが連チャンします。

2号機以降の規定ではボーナスは完全確率でのみ抽選と定義されているのにも関わらず、これを実現させた仕組みとは・・・・、



まず、通常時の大半は今まで「ハズレ」フラグだったのを、ほぼ毎ゲーム「リプレイ」が成立する。に変更しました。リプレイの確変が認められているのでこれは問題ありません。いわゆるひたすらRT(リプレイタイム)です。

ただ、毎Gリプレイが揃うと確実に機械割は120%を越えてしまうので、このリプレイのほとんどを「強制的に取りこぼす」リール制御にしました。これも成立役が揃わなくて良いという規定があるので問題無しです。

見た目的には同じ「ハズレ」と「取りこぼすリプレイ」

一体何が違うのか??




その答えはボーナス成立時にありました。4号機のボーナスは基本的に、ボーナス成立+ハズレの状態で、初めて揃える事が可能です。ボーナスが成立後でも重複でリプレイを引いた場合、いくらボーナスを狙ってもリプレイが優先されボーナスは揃えれません。

そう、例えそれが「とりこぼすリプレイ」だったとしても。

つまりST機というのは、ボーナスが成立しても、ひたすら「取りこぼすリプレイフラグ」が邪魔をして、一向にボーナスが揃えれない機種の事です。

ST機でボーナスを揃えるためには、この見えないRTが終了しないと駄目です。



RTが終わる条件は、ゲーム数消化や特定役等機種によって様々です。


ST機でこの見えないRTが終了する事を、一般的には、

RT解除=ボーナス放出

と言います。




つまりST機の内部は、


1、ボーナス成立

2、揃わないリプレイによるRT開始

3、その間もボーナスの抽選は行われており、成立したボーナスは全て重複して溜まっていく

4、特定条件達成でRT終了

5、ボーナス放出

6、ボーナスがまだ残ってる場合2へ、ボーナスがなくなった場合1へ



という、仕組みです。




言われると、なるほどねって感じですが、なかなか1から思いつく仕組みでは無く、当初サイレントST機が出たときはスロッター全員意味不明でした。なぜボーナスが連チャンするのか???

攻略雑誌にも様々な仮説や憶測が飛んでました。


ちなみにサイレントストックを最初に作ったメーカーは山佐。

機種は

rinorino.jpg

「スーパーリノ」という、台でした。



ちなみにリノは、3号機時代に無法の裏モノとして君臨していた中でもかなり強烈な裏で、厳しく処分された台の後継機です。

ボーナス終了後5G目に高確率でボーナスに当選する仕組みを、モロそのまま受け継いでいます。4号機の方のリノは内部的には、あらかじめ複数ストックを貯めて、ボーナス終了後5G目に高確率でRT解除になるという事です。

厳しい処分を受けた台が、無理矢理合法として復活・・・・・・。


おそらく、冷静な人ならこの機種が出た時、4号機はいずれ処分される運命と思っていたかもしれません・・・・。




このスーパーリノ、サイレントST1号と言う事も有りST機としては、若干欠陥っぽい現象がいくつかありました。


1、溜まるスピードより、放出スピードの方が速い
2、リール制御でストックの有無を判別できる


初期のST機は、あくまで普通のAタイプの設定に応じた確率でボーナスを抽選→いずれまとめて全部放出。という仕組みでした。

つまり、なるべくして「ストック切れ」が起こります。



1と2の現象が、攻略誌などで晒されると、

「ハマッてる台でストック有無判別をして、溜まってる場合全部吐き出させる。」

という、ハイエナ戦法が生み出されます。


そして同時に、ストックの無い台は仕組みを知ってる人は一切触らなくなります。



ストック機=ストックが無ければ打てない=設定に関わらず客が飛ぶ。という図式が出来上がってしまいました。


この後ストック機は、ストック切れという弱点を克服するため

「ボーナスが引きやすい(貯まりやすい)」という利点を活かして「Bタイプ」「多ライン機」と、一度死んで日の目から消えていたタイプを使ったり、

設定不問で内部的には設定6並みの抽選をするという手法を使ったり、

逆に放出スピードが遅くて構わない「大量獲得+ST」という方向へ導き、見事爆裂ATを凌ぐブームを作り出しました。



しかし、ストック切れが起こらないST機というのは、もはや4号機の規定を全て無視できるところまで進化・・・・進化と言うより暴走状態です。

出玉量に関するスロットのルールは、1号機並に無法地帯。

そして1号機とは違い、時代は遊びではなく博打として捉えられている時代です。


もう極端な話、ST機+AT+大量獲得なんて台も作れますし

順押しフリー打ちでないなら、機械割り300%オーバーの台でもなんでも作れるわけです。


この時代打ってない人は、そんなバカな??って思う人も居るでしょうが、実際ミリオンゴッドやアラジンAという機種で、出玉7万枚オーバーを記録したホールも少なくありません。


そして一方、パチスロが原因で多重責務で自殺。なんてニュースも流れていました。


ここまできてようやく気付いたのか、業界は遂に規制時代へ移っていきます。




一方で話が逸れますが、ST機により1つの業界が大変動してます。

それは裏モノ業界。

違法とはいえ、やはりボーナスが連チャンするという魅力には、ニーズが「客」「店側」両者共に有り、密かではありますが裏モノは確かに4号機中期あたりまで存在してました。

地域によって機種は様々でしたが、僕の住む大阪では主に「リズムボーイ」「エイトマン」「キングガルフ」「ニューパル」といった辺りが、裏連チャン機として、ある所にはありました。

それが、ST機の登場により完全に姿を消したのです。



合法で連チャン可能なら、危ない橋を渡る人なんて誰も居ません。毒を持って毒を制すと言う感じでしょうか。北斗の拳が出る頃には、裏モノはもう、どこにもありませんでした。

しかし、これは麻薬がスーパーで売られるようになったので、世の中から麻薬密売人が消えたのと同じ事で、果たして良いことだったのかどうかは不明です。



4.1号機時代に続く
EDIT |  21:22 |  過去話  | TB(1)  | CM(24) | Top↑
 | HOME |  NEXT

パチンコ収支表

ブログランキング

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カウンター

リンク

RSSフィード

ブログ検索

株情報

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。